ホラー

本当に怖い作品厳選!!洋画オススメ作品ベスト10

投稿日:

怖いもの好きには必見!!
本当に怖いものを独自に厳選しました。

海外作品は邦画よりも上映禁止となる基準が比較的甘く需要もあるので、怖い作品が数多くあります。
では早速紹介していきたいと思います。

ホラーの分類

その前にご存知の方も多いとは思いますが
「ホラー」と一言に言ってもジャンルが存在します。

主にホラーと言われるものは下記の4つからなり、

  • スラッシャー…刃物やノコギリ等で人や動物を殺す描写が多い映画を指します。
  • スプラッター…血の描写や血しぶきなどの描写が多い映画を指します。
  • ゾンビ…メジャーなジャンルのためホラーで分かれるかどうか意見もありますが広義的には含まれると思います。
  • オカルト…悪霊による憑依作品や宗教などの作品を指します。

怖いジャンルで言えばサスペンスやミステリー、スリラー、サイコなど多くのジャンルがありますが

今回はその中でも怖い作品が数多くあるホラージャンルに焦点を当てていきます!!

簡単にオススメのジャンルを挙げますと

グロい系が好きな方→スプラッター、スラッシャー系

気持ち悪い系が好きな方→オカルト、ゾンビ系

スリル系→ゾンビ、スラッシャー系

驚かす描写が好きな方→オカルト、スプラッター系

がオススメのジャンルになっています。
作品により程度は異なりますが以上のことを意識してこれから紹介する映画を見てみてはいかがでしょうか。

オススメ海外作品ベスト10

前置きが長くなってしまいました。
ランキング形式にしているので

グロい度、気持ち悪い度、スリル度、驚き度を各5点でトータル20点満点で紹介していきます。

第10位 クワイエットプレイス

 

グロい度 気持ち悪い度 スリル度 驚き度 合計
1/5 1/5 2/5 3/5 7/20

最近の作品になりますが、ホラー映画の中でも良作と言えるでしょう。

初めはクワイエットプレイスという作品名だけあって

音もなくホラー映画なのか??

と思うことがありますが、その後は徐々に作品の全体像を理解することができるので面白い作品になっています。

少々ホラー映画ならではの怖い描写は少ないですが
驚き度は高めです!!

第9位 パラノーマル・アクティビティ シリーズ

 

グロい度 気持ち悪い度 スリル度 驚き度 合計
1/5 2/5 3/5 3/5 9/20

パラノーマル・アクティビティは続編が多く日本でもリメイクされた作品になります。

パラノーマル・アクティビティは超常現象という意味で、

日常で起こる怪奇現象をカメラによって撮影する描写が多い作品です。

家でのビデオカメラによる家の中の撮影になっているので

自分の家のように錯覚することもでき、スリルがたっぷりの作品となっております。

現在は5まで作品がありますがストーリーは1から繋がっていますので全部を見ることをオススメします。

第8位 チャイルドプレイ

 

グロい度 気持ち悪い度 スリル度  驚き度 合計
2/5 2/5 3/5 3/5 10/20

スラッシャー映画の代表作の一つと言える作品になります。

殺人鬼が死後の直前に人形に乗り移り人間を恐怖に陥れるという斬新な設定になっていますが

今年にリメイクされるなど長年定評があります。

人形が強いせいか人間が弱く見えてしまいます笑

 

しかし、たまに出てくる強敵人間との対決も見ていて展開が読めず楽しめる仕様になっています。

スラッシャー、オカルト要素もありシリーズも多いので全作品要チェックです!

第7位 エクソシスト

 

グロい度 気持ち悪い度 スリル度 驚き度 合計
2/5 4/5 2/5 3/5 11/20

少女に憑依した悪霊とそれと戦う神父とのオカルト映画になります。

オカルト映画と言えばエクソシストとも言えるほど有名な作品です。

 

悪霊が少女に取り憑いてからの動きではブリッジで階段を降りてくる

スパイダーウォークが非常に有名であり怖いシーンでもあります。

実際に遭遇したらゾッとしますね笑

 

ラストシーン、それまでのストーリー性、スリル度どれを取っても不満はなく

楽しめる作品だと思いますので是非一度は見てみてください。

また、派生作品も多くあるのでそちらも!!

第6位 ドントブリーズ

 

グロい度 気持ち悪い度 スリル度 驚き度 合計
2/5 2/5 4/5 4/5 12/20

2016年に公開されたアメリカの作品になります。
名前にある息をするなという意味通り
作品中は音を立てる事が命取りになっています。

ストーリーとしては、貧しい主人公たちが視覚障がい者でありながら

大金を持つと噂されるお爺さんの家に強盗に入るところから始まります。

 

しかし、そのお爺さんは元軍人で超人的聴覚を持っており殺害も平気で行う恐ろしい人物でした…

そんな状況から無事脱出することはできるのか。
息をするなというタイトルだけあって静寂からの展開が驚きの連続で楽しめると思います。

 

そして緊張感とスリル感がたまらなく、アメリカでも20年に一度と言われるほど絶賛された作品です!

第5位 死霊館

 

グロい度 気持ち悪い度 スリル度 驚き度 合計
3/5 3/5 4/5 3/5 13/20

超常現象・オカルトを題材とした今作は1971年に実際に起きた実話を元にした作品とされています。

ある一家が購入した家で起こる超常現象や怪奇現象が題材となっており、

密室で起こるのでスリルや驚きも高い作品になっています。

 

また、最も邪悪で恐ろしい事例として1971年に実際に起きてから

封印されていた内容のものが2013年に遂に映画化されただけあり内容、ストーリー性ともにかなり見応えがあります!

 

死霊館はシリーズ化されており2013年から現在まで6作品が公開されています。

伏線や謎も公開順に見ていけば繋がると思うので是非公開順に見ていってはいかがでしょうか。

 

第4位 コンジアム

 

グロい度 気持ち悪い度 スリル度 驚き度 合計
3/5 4/5 4/5 3/5 14/20

個人的に上位にランクインして来た作品になります。

2012年にCNNの世界七大禁断の地の一つに選出された

韓国にあるコンジアム精神病院跡を舞台にしたホラー映画になっています。

 

元々コンジアム精神病院は戦時中、旧日本軍により拷問や処刑の目的で建てられたとされています。

ですが大量の患者の謎の死、院長の失踪もしくは自殺、閉鎖後は幽霊の目撃情報が後を絶たず

若者たちがYouTubeにそれらの真相を確かめる為に動画を載せるというストーリーです。

 

ドキュメンタリー調に作品が撮られておりビデオカメラで自分が撮影しているかのようなドキドキ感を味わえます。

また、病院というだけあり独特な雰囲気も感じられるのではないでしょうか。

 

個人的に病院ものやリアルとリンクさせた作品が好きでこの作品もそういった観点からオススメです!

実在するコンジアム精神病院は年間1000人以上訪れるとされる人気スポットなので

映画を見た後に行ってみてもまた違ったスリルが楽しめると思いますよ。

第3位 アナベル 死霊館の人形

 

グロい度 気持ち悪い度 スリル度 驚き度 合計
4/5 4/5 3/5 4/5 15/20

こちらの作品は先ほど紹介した死霊館に登場する呪われた人形アナベルの誕生を物語としています。

死霊館シリーズ等ではよく出てくるシーンとしてドアが開いており隣の部屋に何かが居るシーンが見られます。

日常生活とのあの世との境界線を線引きしているかのようでとてもスリルがありますよ。

 

中でも奥のかろうじて見える部屋で霊が徘徊しているシーンと少女が

隣の部屋からこちらへ走ってくるシーンは鳥肌モノと言えるでしょう。

 

死霊館シリーズだけでなく、呪いの人形にまつわる映画も

オススメの一つなので是非チェックしてみて欲しい作品です。

 

第2位 SAWシリーズ

 

グロい度 気持ち悪い度 スリル度 驚き度 合計
5/5 4/5 4/5 4/5 17/20

第2位は誰もが知っているサイコスリラー映画の一つであるSAWシリーズになります。

現在SAWシリーズは2010年の7つ目の作品で終わりかと思っていたら

7年ぶりに最新作が公開されたので8個の作品があります。

 

SAWシリーズは何と言ってもジグソウと呼ばれる連続猟奇犯が仕掛けるゲームが印象的です。

全作品合わせて何と50個以上もゲームが用意されており、残酷で凄惨な物が多いのも特徴の一つです。

 

ジグソウは実は殺人を楽しんでいるのではなく、生きられるのに命を粗末にする人が

許せずに命の価値を感じ、感謝させるためにゲームを仕掛けています。

しかし、ほとんどが無理ゲーなので結局は…という感じですが、心理戦もあり4つの項目全てで満足できるものだと思います!!

第1位 ホステル

 

グロい度 気持ち悪い度 スリル度 驚き度 合計
5/5 5/5 5/5 4/5 19/20

ホステルは2006年に1作目が公開されたスプラッターホラー映画になります。

3人の若い男性が田舎町にある女性とヤリまくれると噂される

ホステルに向かうところからストーリーは展開されます。

同室になった2人の女性と一夜を過ごすことになるのですが一夜明けると3人のうち1人が行方不明になっていました。

その日の夜も1人が行方不明となり…続きはご自身で見てみてください!!

 

グロさ、気持ち悪い度で言えばダントツで1作品目はトップだと思います。

SAW6も中々インパクトは強いですが

ホステルの1作目の方がスプラッター、拷問描写などが非常に過激でかなり怖かったです。

細かく言うと、SAWやホステルは拷問描写が多くあるので

トーチャーポルノと言われるホラー、スプラッターでもない分類に入るようです。

 

どちらも凄惨な拷問シーンが多く中でもホステルは本当に怖かったと言っていい作品だと思います。

グロいだけ、気持ち悪いだけで言えば他にも作品があると思いますが

拷問の行為などが残虐性極まりないのでホラー好きな方は是非見てみてください!!

 

まとめ

いかがでしたか??

ホラーの主な分類、オススメ映画10作品について説明していきました。

このランキングはあくまで私個人が主観でつけたものですので、参考くらいに考えてくださいね。

とは言ってもホステルやSAWは有名中の有名作品ですが見たことない方は是非見ることをオススメします。

 

ホラーの中でもジャンルがあるので今回紹介したジャンルに特化した映画を見てみるのもオススメです!!

くれぐれも気分が悪くなってしまったりした時は続けてみることなく休息を取ってくださいね(・・;)

では良き映画ライフを〜!!

スポンサーリンク

お問い合わせ

  • この記事を書いた人

たかゆ

初めまして。突然ですが人からの第一印象は予想以上に重要なものです。それだけで印象が決まってしまうこともあります! その為の印象アップのコツや健康・美容情報など色々な情報を紹介していきます。 他にも睡眠や体調などためになる情報やマメ知識を紹介しています~

Copyright© e-睡眠をとりたいあなたに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.