日焼け

夏の日焼けはうなじが見られる!?日焼け対策と対処法とは

投稿日:

夏の日焼けで気になる箇所といえば顔、腕などあると思いますが、意外と見られているのがうなじです!!

うなじは日焼け止め対策で見逃しがちな場所であるとともに一度焼けるとなかなか戻らない場所です。

顔や腕は白くてもうなじが焼けているとイメージダウンしてしまうこともあります!!

なので、焼ける前の日焼け対策と焼けてしまってからの対処法を紹介していきたいと思います。

日焼けしないためには対策と保湿が大切!

うなじを日焼けさせないためには、予防と日焼けしてしまった後には

肌がやけどに近い状態であり乾燥しているので保湿が重要になります。

 

日焼けさせないためには日焼け止めと錠剤が良い!

日焼けさせないためには極論日焼けしなければ良いのです!!

そのためにはまず最初に日焼けをさせないための工夫が必要です。

一般的には、日焼け止めクリームやスプレーを使うことなどが考えられると思いますが、それだけでは不十分です。

なぜかというと、日焼け止めクリームやスプレーは効果が短く

炎天下の中外にいることが多い場合には十分に効果を発揮してくれません。

 

なので、2〜3時間おきには塗り直しを行いましょう!

 

女性の場合は化粧崩れ、メイク直しの手間を考えると錠剤タイプの日焼け止めがオススメです。

錠剤タイプは外出する前と外出後3時間くらい後で飲むと効果が一日続くものが多いです!

錠剤には様々な効果が期待でき

• 日焼けによるシミを予防する
• 身体の免疫機能を正常に保つ
•身体の免疫機能を保ち肌の回復を早める
• 肌のコラーゲンを保護しシミやしわの原因である光老化を軽減させる

ことなどが期待されます。

また、ビタミンが豊富に含まれているものもあるので上記に挙げた抗酸化作用に働いてくれます。

少々値段が高く肝機能に影響を与える可能性があるのはナーバスですが

飲むだけの手間を考えると試してみる価値あると思います!!

私も使っていますが本当に焼けません!

日焼け止めと組み合わせればその日は日差しを気にしない最強になれますよ?笑

日焼けには2段階の過程がある

それでも日焼けをしてしまったら保湿が大切になってきます。

日焼けの状態をその前に少し説明していきます。

日焼けとは紫外線を皮膚に浴びることにより肌が赤く炎症を起こす急性の症状を指します。

急に炎天下の日差しの下に1日いたりすると赤くなったことありますよね??

それが日焼けの始まりです。
症状の名前はサンバーンと言われ痛みが6時間から2日ほど続くことが特徴です。

 

その後1日から3日間にかけて皮膚にメラニン色素が沈着して褐色になり黒くなってきます。
これが俗に言う日焼けに当たる黒い状態でサンタンと言われます。

メラニン色素を嫌悪する気持ちもあると思いますが

元々はメラニン色素は紫外線を吸収して細胞を守る働きをしてくれています。

しかし日焼けによって皮膚が黒くなってしまうのは、紫外線を浴びた皮膚が

メラニン色素を作るメラニンによって肌を一時的に守ってくれている状態です。

それを放っておいてしまうとそのままメラニン色素が沈着してしまい黒くなってしまったりシミの原因になってしまいます。

この画像は私自身のうなじになります。

ケアをしているつもりでも写真で見ると生え際が赤くなっていて黒くなってしまっている箇所も多くありました。

皮膚の黒くなりやすさには個人差があると言われており、遺伝による影響が大きいとされています。
元々皮膚の色が濃い人ほど紫外線を浴びた後の色素沈着が強く生じる傾向にあり黒くなりやすいとされています。

そういえば韓国の方が白い方が多いのは、元の皮膚の色が白い方が多く黒くなりにくいことが影響していると考えられているようです。

日焼け後には保湿が重要!!

さて、日焼けのメカニズムがわかったところで日焼けした後の対処法を説明していきますね。

日焼けした後の対処としては冷やして保湿です!!

日焼けは火傷に近い状態なので、まずは皮膚温度を下げましょう。

症状の状態により対処法は多少異なりますがまずは日焼けした場所の皮膚温度を下げて

身体の体温も下げることが得策です!!

そのあとは肌が敏感な状態にあるので注意しつつ保湿を行いましょう。

保湿効果のある化粧水や乳液などで肌を潤しましょう!
化粧水や乳液などの使うものの選択だけでなく、使う量にも注意が必要です!

日焼けしたからと言って勢いよくジャバジャバ使ったり

逆に少ない量を塗るのは、かえって肌に刺激を与えてしまうので避けた方が良いです。

なので肌に負担をかけないよう適量をうなじに優しく触れるように使ってください。

 

うなじは元々の色素が濃い傾向にあるので1ヶ月ほどのケアが必要になってくるので

根気よくケアを続けていきましょう!

 

日焼け止め対策としてうなじを隠すことで

体温上昇を抑えることができ汗もかきにくくなり快適になるので顔や腕くらいにうなじは意識すると良いと思います!

SPF・PAに注目するべし!

余談になりますが、日焼け止めでよく目にするSPF、PAには使う際のポイントとして見るようにしてください。

最初のSPFですが、紫外線の中のUV-Bという種類を主にブロックするものです。

 

数値が高ければ高いほどその効果はありますが、注意する点があります。

それは、50だからといって50倍、30だからといって30倍効くというわけではありません。

50、30といった数字は皮膚が赤くなる状態までを遅らせることができる数字を指します。

 

例えば50という数字なら使わない時よりも

日焼けである皮膚が赤くなる状態まで50倍遅らせることができるという意味です。

 

もちろん、前述したように日焼けのしやすさには個人差があるので

同じ日焼け止めを使っていても日焼けの仕方は変わってきます。

なので、SPFは日焼けを遅らせることが出来るという認識を持っておくと良いと思います。

 

続いてのPAですが、紫外線の中のUV-Aに対する効果を表す数値になります。

+の数で効果が分かれており、4種類存在します。

  • PA + 効果あり
  • PA ++ かなり効果あり
  • PA +++ 非常に効果あり
  • PA ++++ 極めて高い効果あり

といった具合に分かれます。

紫外線UV-Aは肌の奥深くに存在する真皮まで届き、肌内部に活性酸素を作りだします。

そうすると細胞のDNAを傷つけたり、内部のコラーゲンやエラスチンも破壊してしまいます。

日光を長年、長時間浴び続けてしまうと結果的にひき起こされる

肌のシミやしわ、たるみなどの変化を指す光老化につながります。

 

紫外線UV-AはUV-Bとは異なり主に日差しが強い夏場だけでなく

冬場にも日差しとともに降り注いでいるのが特徴です。

なので、夏だけでなく、一年中天気に関わらず対策を打つほうが良いでしょう。

日焼け止めでも最近はUV機能だけでなく

美容成分入りのものや乾燥肌に合わせたもの、化粧後に使えるものまで様々な用途に合わせて販売されています。

その中でも数値や+の数にこだわりすぎず自分に合ったものを使ってみることをオススメします!

 

まとめ

日差しに含まれる紫外線は皮膚でのビタミンD生成に必要になります。

ビタミンDは骨の形成・代謝以外に身体の免疫機能維持やがん・生活習慣病の予防などにも関係していると言われています。

なので適度な日光浴は必要になってくるというわけです。

しかし、日焼けのしすぎによる過度な紫外線は黒くなったりシミの原因となるだけでなく

シワ、たるみなどの光老化を生じ、身体の免疫機能を低下させ、皮膚がんのリスクを高める結果に…

 

そのため適度な日光は浴びつつ日焼け止めなどはしっかりと行って夏を乗り越えていきましょう!

日焼け止め対策をしていけば暑さ対策にもなると思うので一石二鳥だと思います!

 

是非今回の記事を参考に日焼け止め対策特にうなじを意識してみてください。

スポンサーリンク

お問い合わせ

  • この記事を書いた人

たかゆ

初めまして。突然ですが人からの第一印象は予想以上に重要なものです。それだけで印象が決まってしまうこともあります! その為の印象アップのコツや健康・美容情報など色々な情報を紹介していきます。 他にも睡眠や体調などためになる情報やマメ知識を紹介しています~

Copyright© e-睡眠をとりたいあなたに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.