Uncategorized 頭痛の悩み

暑い夏、冷たい食べ物には注意!!ズキズキ頭痛の対策法など

投稿日:

暑い夏!

暑いから冷たい食べ物や飲み物をついつい摂取しがちですよね。

でも、後になって腹痛や頭痛でズキズキした経験はあるのではないでしょうか。

 

そのまま摂取し続けると、一過性の症状だけでなく、慢性的な頭痛や腹痛の原因にもなってしまいます。

なので、暑い夏でも冷たいものを食べすぎないオススメ対策法について紹介していきます。

 

冷たいものを欲する理由

夏に冷たい物が欲しくなる理由としては以下のことが考えられます。

  • 身体自体の温度が高い
  • 鉄分が不足している
  • 食欲が落ちている

身体自体の温度が高い

夏は強烈な太陽の日差しにより身体に余分な熱が蓄えられてしまいます。

そうすると、身体に熱がこもり放散しにくくなり汗を多くかく原因になります。

なので、暑いと思ったらすぐ日陰に入るなどし身体自体の温度を上げないことを心がけましょう。

鉄分が不足している

汗をかきやすい夏は体の中の鉄分が不足しがちです。

鉄分が不足していると冷たい物が欲しくなる理由は色々考えられていますが

 

鉄不足の症状が氷を無性に食べたくなる氷食症として表れているという考えがあります。

しかし、なぜ鉄分が不足すると氷を求めるのか具体的な根拠はないそうです。

 

他には、

鉄分である赤血球不足になると脳まで十分な酸素が届かなくなるので、自律神経の働きが乱れます。

 

そうすると身体の体温調節がうまくできなくなり、体温が上昇します。

そのために体温を下げるための冷たい物を欲するという考えもあるのです。

 

また口の中の温度が上がり無意識に冷やしたくなるので飲み物を大量に摂取してしまうことも多いのではないでしょうか。

 

食欲が落ちている

暑い夏は冷たい物を摂取しがちなので、胃にストレスをかけ機能低下を引き起こします。

そのせいで、食欲も低下するというわけです。

 

また強い日差しによって体にたまった余分な熱が原因で

大量の汗をかくと、気持ち・体力のすべてを消耗し、夏バテや熱中症を引き起こします。

 

注意したい行動が食事の際に冷たい水などを大量に摂取することです。

 

この行為は胃酸が薄まり

内臓の消化吸収機能の低下につながってしまうので食べ物を正常に消化しにくくなります。

 

その結果、食欲不振に陥りさらにさっぱりした冷たい食べ物・飲み物を求めてしまう悪循環が起こるのでご注意を。

 

 

冷たい物の影響

前述はしましたが、具体的に冷たい物が身体に及ぼす悪影響について紹介していきます。

ここでの症状は冷たい物を摂りすぎると起こるものなので、多少は摂取することをオススメします‼

 

頭に起こる症状

かき氷などを食べた際に頭がズキズキすることがあると思います。

その理由として冷たい物が喉を通過することで喉にある三叉神経が刺激されます。

その冷たさの刺激を痛みとして脳に伝えてしまう為と言われています。

他には、冷たいものを食べると急に喉や口の中が冷えてしまうため

人間の身体は一時的に血流量を増やして温めようとして頭の血管が膨張します。

その影響で頭に頭痛を感じるようです。

 

また極度な温度差を感じた場合喉にある三叉神経が反応して、のどのしめつけ感やのどが詰まった感覚を感じることも。

 

お腹に起こる症状

冷たい物を飲みすぎ、食べすぎるとお腹にも影響が出てきます。

冷たい食べ物で胃腸が冷やされると、胃腸に負担がかかります。

そうすると消化機能が低下し、下痢になってしまう事が多くなります。

 

 

その下痢が一時的なものなら問題ではないのですが

慢性化してしまうと過敏性腸症候群という疾患になってしまいます。

 

そうなると常にお腹の具合が気にかかり、ちょっとした刺激にも敏感になって

症状が悪化しやすくなってしまうこともありますので食べ過ぎには注意が必要です。

口に起こる症状

虫歯やその他の炎症がある場合には、口にも影響が出てきます。

幸い虫歯が軽い場合は冷たいものがしみるということがよくあります。

その為冷たいものだけがしみる場合は虫歯の早期治療をしましょう。

 

人によっては背中が痛くなる方もいるでしょう。
冷たい食べ物が通過する食道は喉の奥にあり、その為喉は背骨のすぐ前になります。

 

冷たいアイスクリームとか、カキ氷が喉を通過すると
急激に喉が冷えて、人によっては背骨が痛く感じたり、頭の中が痛く感じたりするという仕組みで個人差があります。

 

症状が出た場合

頭痛

頭痛を感じる過程は口内の温度と冷たい食べ物の温度差を痛みとして脳に伝えるので

冷たい物をゆっくり時間をかけて食べることがオススメです!!

そうすれば喉が冷える早さを抑えられ、神経の刺激や頭の血管の膨張も防ぐことができズキズキ頭痛も減ることでしょう。

 

また、アイス等の冷たい食べ物を食べる際に発生しやすい場合は

舌を口の上の部分に当たる口蓋に押しつけると痛みが和らぐことがありますので試してみてくださいね。

 

腹痛

腹痛が発症するのは冷たい食べ物を冷たいまま胃に入れてしまうことで発生します。

なので、まずは口の中で冷たい食べ物の温度を上げましょう!

そうすればある程度は胃腸に負担をかけずに暑い夏を過ごせるはずです。

 

でも

「どうしても冷たいまま食べたい!!」

という方は冷たいまま食べた後に温かい飲み物を

少し摂取するなど温度差を無くすことを心がけると良いと思います。

 

歯にしみる

歯にしみる問題ですが、実は人それぞれ原因が異なるのです。

虫歯の方もいれば、知覚過敏の方もいる
歯にひび割れが入っていることや歯周病も考えられます。

なので、歯が痛む方は痛む部位を避けてもらうか
早期に歯科医で診察してもらうことが良いと思います。

 

放っておくと歯を抜かなければならないこともあり悪化は避けられません。

 

その他の背中の痛みや喉の痛みも

ゆっくり冷たい食べ物を味わうか液状にして食べると

喉に負担をかけないのでオススメです!!!

 

冷たい食べ物対策

 

冷たい食べ物を欲する状態は、体熱がある状態で保たれてしまっているか喉が渇いているかの状況が多いです。

なので、夏でも双方の状況を作らないことを心がけましょう。

 

体熱がある状態

体熱がある状態は、身体自体の温度が高まっているので汗をかいたり皮膚温度を下げることが得策です。

 

汗をかけば熱を放散し、水を浴びたり制汗剤を使えば皮膚温度を下げることができます!

 

メンソールが配合されているボディーローションやボディーシートも良いでしょう。

 

喉が渇いている

夏は汗をかきやすい環境であり自然と汗をかきやすくなります。

 

汗をかくと水分とともに色々な栄養素が排出されてしまうので

水分とともに塩分や糖分もしっかり取りましょう。

 

そうすれば、喉の渇きだけでなく暑さによるだるさも吹き飛ばしてくれますよ。

まとめ

夏の暑さにより冷たい食べ物を欲しくなってしまう理由や

食べることで起こるズキズキ頭痛などの症状、対策法について紹介していきました。

 

暑い夏はどうしても冷たい食べ物を食べたくなってしまいますが、体調不良や病気の原因になってしまうこともあるのです。

 

なので、量は程々にして冷たい食べ物をなるべく欲しない身体作りを心がけましょう!

そうすれば心身ともに健康的で暑さに負けない身体が作られるはずです。

スポンサーリンク

お問い合わせ

  • この記事を書いた人

たかゆ

初めまして。突然ですが人からの第一印象は予想以上に重要なものです。それだけで印象が決まってしまうこともあります! その為の印象アップのコツや健康・美容情報など色々な情報を紹介していきます。 他にも睡眠や体調などためになる情報やマメ知識を紹介しています~

Copyright© e-睡眠をとりたいあなたに , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.